普段の生活でアトピーを改善させたいならお風呂タイムがポイント

婦人
  1. ホーム
  2. 治療で肌は再生できる

治療で肌は再生できる

基礎化粧品

症状に合わせた治療法を

ニキビ跡のタイプとして、色素沈着をおこし、赤色や茶色になってしまったものがあります。これにはケミカルピーリングで対処します。ピーリング材を使って表面の角質を取り、その後肌を再生させることで跡をなくしていきます。また、カーボンピーリングといって肌に微粒子炭素を塗って、そこに赤外線レーザーを当てることで角質や毛穴の汚れを取る方法もあります。これもこのタイプのニキビ跡に働きかけることができます。各種レーザー治療もニキビ跡をなくすのに役立ちます。色素沈着ではなく、クレーター状になってしまったニキビもケミカルピーリングおよびレーザーで治療します。レーザーを当てると、コラーゲンを再生させる働きによりへこんだ部分が盛り上げる効果が期待できます。細胞を増殖させてくれる因子を注射し、皮膚細胞を再生させる方法もあります。注射は1回で済むこともあれば、数回打つ必要がある場合もあります。これもコラーゲンの増殖によるクレーターの埋め合わせができます。皮膚移植も有効な方法です。ニキビ跡以外のところから採取した皮膚を跡の部分に移植する方法です。術後経過として1年間程度病院にお世話になります。ミミズ腫れになったりしこりになってしまったニキビはレーザー治療のほかに、ステロイド注射で対処します。ステロイド注射は美容クリニックで打つことができます。薬や塗り薬を処方されることがあります。アドバイスに従って生活習慣を改めることも大事です。